人気の「東京スター銀行」「住信SBIネット銀行」「新生銀行」の住宅ローン商品を紹介

■住信SBIネット銀行 住宅ローンの特徴

住信SBIネット銀行の住宅ローンでは、保証料や繰上返済手数料は無料となります。
小額からでも繰上返済が可能になっているので、繰上返済を積極的にしたい方に向いています。

8大疾病特約があり、8疾病(3大疾病+5つの重度慢性疾患)にかかった場合には10万円のお見舞い金に加え、月々のローン返済額を最長12ヶ月保証する保険となっています。

また、12ヶ月以上就業不能状態となった場合には、ローン残高が0円となります。
団体信用生命保険では、被保険者が死亡した場合のみが対象となっていますが、8大疾病特約を加えることにより、重大な病気にかかった場合のローン返済も保証してくれ安心です。

上記の、保証特約が無料で付き、団体信用生命保険料も無料です。

■新生銀行 パワースマート住宅ローンの特徴

新生プラチナサービスという、新生銀行が提供している得意客向けの優遇サービスがあります。
住宅ローン利用で自動付帯されます。プラチナ会員用のデスクが利用できる以外に、手数料などが大幅に優遇されたり、定期預金の金利が優遇されるなどの特典があります。

新生銀行・パワースマート住宅ローンでも、保証料や繰上返済手数料は無料です。
小額からでも繰上返済ができますので、積極的に繰上返済したい方におすすめです。

新生銀行の住宅ローンサービスの一つで、新生銀行の銀行口座に一定額の基準を決めておくと、その基準額を上回っている分が自動的に繰上返済される「スマート返済」というものがあります。
これは、毎月、繰上返済の手続きをとる必要が無く、非常に便利です。

これも新生銀行の住宅ローンサービスの一つで、これまでに繰上返済した金額を上限として、融資を受けることができる「生活貸越サービス」というものもあります。
繰上返済をしすぎて生活に余裕がなくなってきたときや、、病気の際などにお金がなくて困ってしまった場合などに「生活貸越」を利用することで現在のローン金利と同じ金利で融資を受けることが可能です。

■東京スター銀行 スターワン住宅ローンの特徴

スターワン住宅ローンの最大の特徴は預金残高からローン残高を差し引くことが可能という「超」画期的な繰上返済のしくみです。
メンテナンスパックを追加するにより様々な保証を受けることもできるようになっています。

東京スター銀行の住宅ローンにおける最大の特徴ですが。円預金+外貨預金の残高分が住宅ローンの金利計算額から除外されるという他の銀行にはない仕組みです。
例えば円預金と外貨預金の総額が1,000万円あり、2,000万円の住宅ローンの残債があるは、ローンの金利支払いは2000-1000=1,000万円の部分だけでよいというローンを抱えている人には大変ありがたいものです。預金しておくだけで自動的に繰上返済をしたのと同じ効果が得られます。

しかし、メンテナンスパックはをつける必要がありこれは、やはりローン残高の(約0.3%~0.7%)がかかってきます。
例えば通常は、死亡時のとき有効でない団体信用生命保険に「ガン特約」を加え「ガンと診断されると住宅ローンの残債は0円になる」などのさまざまなサービスが付帯します。こういったサービスがメンテナンスパックとされ、実質の金利となってくるのです。

人気サイト

$seolink